耐久年数を過ぎると

外壁塗装に使用される、塗料ですがこれにもいくつかの種類があります。
例えば、塗料の種類は油性と水性と区分する事もできます。
油性のものはサイディングタイプの壁に適切です。
それに対し、モルタルタイプの壁に適しているのが水性です。

マンションの外壁として使用されている塗料に「アクリル系塗料」があります。
アクリル系の塗料は、モルタルとサイディングの両方の壁にも使用ができる塗料です。
また、防水性もありその費用も安価である事が特徴です。

アクリル系の塗料が使用されている多くのマンションは、5年から7年ほどでマンション修繕として外壁塗装のリフォームが必要です。
なぜなら、このアクリル系塗装の寿命は、先程紹介したよに5年から7年前後が耐久年数となっているからです。

耐久年数を過ぎると、マンションの見た目も決して良い状態であるとは言えません。
例えば、塗料がハゲてしまいマンションの塗装の色が均一でなくなる事もあります。
このような状態は、マンションで暮らす人にも影響を及ぼすのは、もちろんですが、新たに入居お客様へも影響があります。
ですから、耐久年数を過ぎる頃、または過ぎる前にマンション修繕として外壁塗装を行う事がおすすめです。
これによって、マンション全体の見た目も良い状態する事ができます。

高圧洗浄によって下地作り

マンション修繕で行う外壁塗装は、ただ単に塗料を塗装するのではありません。
塗装を行う前にも、しっかりとした準備を行い、その後に塗装が行われるのです。

外壁塗装のリフォームは、まずは下地作りからスタートします。
下地作りは、外壁塗装において最も大切な作業と言ってもいいでしょう。
なぜなら、この下地がしっかりとしていないと、いくら綺麗にその上から塗装しても綺麗ではないからです。
逆に、この下地がしっかりとしていれば、より綺麗な外壁へと仕上がります。

外壁塗装の下地作りとして行われるのは、高圧洗浄や、外壁のヒビや膨らみの修繕等になります。
高圧洗浄とは、高い圧力をかけた水によって外壁の汚れを落とす作業になります。
この時、外壁の汚れを落とすと共に、老朽化がすすみもろくなった外壁を削ぎ落とす効果もあります。

足場の存在

外壁塗装のリフォームで、最も大切と言われているのが下地の環境を良い状態にしておく事です。
これによって、外壁塗装の仕上がりにも大きな差が出てきます。

マンション修繕の1つである外壁塗装は、高圧洗浄によって下地の汚れや老朽化した外壁を剥がします。
その後に、クラックと呼ばれるヒビを修繕したり、膨らみや剥がれが目立つ場所は綺麗な状態にします。
例えば、クラックと呼ばれるヒビにはシーリング剤が注入され、その隙間を綺麗に埋めます。
このような下地の環境を良い状態になり、はじめて、外壁塗装がスタートされます。

外壁塗装のリフォームは、近年「足場」を使用せずに行われる事も目立つようになりました。
足場を設けずにこのリフォームを行うメリットは、足場を組む為にかかる費用を削減できる事があります。
また、足場を使って侵入する不法侵入者を防ぐ事もできます。
そして、何よりもそのマンションで暮らす人は、足場というものに圧迫されません。
ですから、ストレスなく日常を過ごす事もできます。

なぜ大切なのか

外壁とは、その家にとってとても重要な役割を果たすものです。
それは、マンションや家の見た目に対しても大きな影響を与えます。
外壁の老朽化が進む事によって、塗装が剥がれたりくすんだりすると、当然見た目は良くありません。
そかし、外壁を適切な期間で修繕する事によって、綺麗な見た目の外壁を保つ事ができます。

また、外壁塗装はそのような見た目だけに大きく影響しているのではありません。
その他にも、その家やマンションで暮らす人の生活にも関わっているのです。
例えば、近年では断熱効果を持った外壁も多く誕生しています。
その外壁によって、室内の温度が外の温度に影響される事を防げます。
ですから、室内の温度を年中快適な状態に保つ事ができるのです。

このような事からも、マンション修繕として行う外壁塗装はとても大切なリフォームであると言えます。